電子マネーの種類

電子マネーは昔は少なかったのですが今や沢山の数が存在しています。Edy(エディ)やSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)やiD(アイディ)やQUICPay(クイックペイ)やSmart Plus(スマートプラス)やVISA Touch(ビサタッチ)やnanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)等があります。代表的なものを紹介したのですが、これ以外にもまだ存在するほど数が多くなっています。 電子マネーがこれだけ人気を呼んでいるのは、クレジットカードと同じで残高内であればカード一枚でお支払いできる便利な点にあります。それぞれの会社がそれぞれの用途に特化し電子マネーを発行する事でお支払いを便利にしています。その中でもEdy(エディ)とnanaco(ナナコ)とWAON(ワオン)についてこれからのページで紹介します。

Edy(エディ)は専用の磁気があればどこでも使用できるカードで、飲食店やコンビ二で多く見かけます。nanaco(ナナコ)はセブンイレブンが提供している電子マネーでセブンイレブンのお支払いで使用する事ができます。WAON(ワオン)は大型ショッピングモールであるイオンが提供する電子マネーで、イオン内の買い物で使用する事が出来ます。この3つの電子マネーについてこれからのページで詳しく紹介します。 これを参考に電子マネー自体を作成したことがない方は作成して御得に使用されることをお勧めします。そしてお支払い時の方法を電子マネーにする事で、細かい金額である消費税に悩まされない対応をする事が出来ます。

Edyについて

まずEdyについて説明をします。Edyは電子マネーの中で一番古く、知っている人が多いカードになります。そのため、飲食店やコンビ二や大型ショッピングモールなど沢山の店舗にEdy専用の磁気機器が置いてあります。 Edyはコンビ二からの現金追加が可能な電子マネーで、残・・・

nanacoについて

nanacoは、今や世界にまで進出しているセブン&アイ・ホールディングスが提供している電子マネーです。セブンイレブンで商品を購入する事でこのnanacoにポイントが貯まるのですが、その貯まったポイントを電子マネーに変える事が出来ます。・・・

WAONについて

WAONは大型ショッピングモールであるイオングループが提供している電子マネーで、チャージする事で現金と同じ感覚で買い物が出来るようになります。さらにイオンで買い物をするとポイントが貯まり、チャージしている金額以上の買い物が出来・・・